自己責任時代の環境整備

日本が高度成長期にあるときには、定期預金を活用して資産運用をするという人はたくさんいました。銀行に預けていれば、もしも銀行が破綻した場合であっても国が資産を守ってくれますから、安全に資産形成をすることができたのです。しかしながら、法律が改正されて、現在では銀行預金の全額が保護されなくなりました。ですから、銀行預金も安全ではなくなってきたと言えるでしょう。
また、定期預金の金利が驚くほど低くなったと言うことも知っておく必要はあります。資産形成には適さなくなってきたために、債券や株式、あるいは不動産などに投資をすることが必要とされるようになってきたのです。投資というのは、基本的には自己責任で行わなければなりません。損失を発生させたからと言って、誰かがそれを埋めてくれるものではないのです。
ですから、自分の資産を守るための環境整備を行うことは必要だと言えるでしょう。もっとも大事なことは情報です。例えば、ある企業の債券を保有していた場合には、デフォルトしないかどうかを判断するためには、その企業の情報を常に収集しておくことが必要となってくるでしょう。色々な情報を入手できる環境を作って行くことは必要な事だと考えられるのです。

コメントは受け付けていません。