消費者教育推進法

消費者教育推進法とは、平成24年12月に施行された消費者教育の推進に関する法律の略称です。新聞などでキャッチセールスの被害や振り込め詐欺の被害が報道されない日はないのが実情です。インターネット取引が盛んになる中、悪質な業者により詐欺まがいの商売が執り行われるケースも少ないないのが実情です。高齢者が知識なくインターネットで高額商品を購入してしまうケースも目立ちます。消費者教育はそういった被害を減らすために国や地方公共団体、各種団体が守るべきルールを定めたものです。消費者を守るための法律です。国や地方公共団体では法律の趣旨に沿って、消費者に対する意識啓発活動、各種講演会、リーフレットの作成等を行っています。また、消費者庁では学齢期の子ども、学生に対する意識啓発を行うべく、学校や大学に対して消費者教育を推進するよう通知文書を発出するほか、学校や大学に出向いて出張講義を行うなどの対策も施しています。また、各地に設置されている消費生活センター等への相談も有効で、消費者庁はリーフレットやインターネットでの広報を通じて、広く消費者に利用を推奨していますし、消費生活センターも刊行物等を作成して、その役割を積極的にアピールしています。

コメントは受け付けていません。