公正な取引の確保と金融ADR

資産運用で金融商品を購入したもののリスクの説明を十分に受けることなく損失を生じた、告知義務違反に該当しないのに保険金が給付されなかったなど、保険や資産運用・ローンに関連するトラブルは多々あります。
金融商品は専門知識が必要なため、なかなか交渉が進まないことがあります。
また、裁判となると時間や費用が必要となります。
そこで活用したいのが金融ADRです。
この組織は金融商品に関連するトラブルを、裁判所を介することなく、解決を図ろうとするものです。
解決のために間に入るのは弁護士などの中立の立場の専門家で、公正な取引を確保し、利用者の立場に立って和解などの解決を図る点に特徴があります。
また、裁判で解決を図る方法よりも早期に解決できる他、トラブル内容にもよりますが基本的に無料で活用できます。
保険や資産運用など金融商品は全般的に多様化するとともに複雑化しています。
契約の際に書面の交付を交わすことは法律でも定めているところですが、詳細な内容まで把握しきれないこともあります。
証券や銀行などの金融機関ごとに紛争解決を図るあっせん組織もあり、こちらも同様の役割を果たします。
狙いとするところは利用者の保護であり、高度化する金融商品の中で存在感も増している組織です。

コメントは受け付けていません。